Terraformを使用してBigQueryにテーブルを作成する

  1. 1. GCPコンソールでサービスアカウントキーを生成します。サービスアカウントは、Terraformがリソースを管理するために必要な権限を持っている必要があります。
  2. 2. 環境変数を設定します。コマンドラインでサービスアカウントキーファイルのパスを環境設定’GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS’に設定します。これにより、TerraformがGCPリソースにアクセスするために使用する認証情報を指定できます。

export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="$(pwd)/credentials/service-account-key.json"

# main.tf
provider "google" {
    project = "your-project-id"
    region  = "your-region"
    zone    = "your-zone"
}
<code data-enlighter-language="generic" class="EnlighterJSRAW"># main.tf</code>resource "google_bigquery_dataset" "example_dataset" {
    dataset_id                    = "example_dataset"
    friendly_name                 = "test"
    description                   = "This is a test description"
    location                      = "US"
}

3. BigQueryテーブルの作成:
2つのテーブルを作成するためのリソースを定義します。
‘table_one_schema.json’と’table_two_schema.json’という2つのJSONファイルを作成し、テーブルスキーマを定義します。

# table1_shcema.json
[
    {
        "name": "name",
        "type": "STRING",
        "mode": "REQUIRED",
        "description": "user id"
    }
    {
        "name": "age",
        "type": "INTEGER",
        "mode": "NULLABLE",
        "description": "user age"
    }
    {
        "name": "weight",
        "type": "FLOAT",
        "mode": "NULLABLE",
        "description": "user weight"
    }
    {
        "name": "date",
        "type": "DATE",
        "mode": "NULLABLE",
        "description": "created date"
    }
]
# table2_schema.json
[
    {
        "name": "field1",
        "type": "STRING",
        "mode": "NULLABLE",
        "description": "product name"
    }
    {
        "name": "field2",
        "type": "INTEGER",
        "mode": "NULLABLE",
        "description": "price"
    }
    {
        "name": "field3",
        "type": "FLOAT",
        "mode": "NULLABLE",
        "description": "cost rate"
    }
]
# main.tf
resource "google_bigquery_table" "example_table_one" {
    dataset_id = google_bigquery_dataset.example_dataset.dataset_id
    table_id     = "example_table_one"

    // JSONファイルからexample_table_oneのスキーマを読み込む
    schema = file("${path.module}/table_one_schema.json")
    
    time_partitioning {
        field = "date"
        type  = "DAY"
        require_partition_filter = true
    }
}

resource "google_bigquery_table" "example_table_two" {
    dataset_id = google_bigqury_dataset.example_dataset.dataset_id
    table_Id   = "example_table_two"

    // JSONファイルからexample_table_twoのスキーマを読み込む
    schema = file("${path.module}/table_two_schema.json")

    clustering = ["field1", "field2"]
}
  1. 1. 設定ファイルに対する変更がエラーを引き起こす可能性があるため、変更を適用する前に’terraform plan’を実行して、予期しない問題を防ぎます。特に、destory項目の数字には十分に注意を払います。
  2. 2. Terraformのコードは、必ずバージョン管理システム(GitHubなど)にチェックインしてください。これにより、変更の履歴を追跡し、必要に応じて過去のバージョンに戻すことができます。
  3. 3. 認証情報ファイル(credentialsのjsonファイル)をGitHubにチェックインしないでください。代わりに’.gitignore’ファイルを使用して、これらのファイルをリポジトリに含めないようにします。
  4. 4. ‘terraform fmt’コマンドを使ってコードを適切にフォーマットし、命名規則などの標準化された開発慣行に従うことが重要です。
  5. 5. 本番環境に適用する前に、変更をテスト環境で検証してください。’terraform plan’コマンドを使用して、予定される変更を確認することも重要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です